2015/05/24

NFS:No Limits ファーストインプレッション

どうもべろしちです
前回予告した通り、今回は「Need For Speed:No Limits」の簡単なゲームシステム紹介を兼ねてファーストインプレッションを書いていこうと思います


操作

画面タップ、本体傾け、画面スワイプのいずれかの方法でステア操作できます
初期設定が画面タップな上に個人的には一番やりやすいのでタップにしてます

MW2012の携帯版と同じようにアクセルやブレーキの概念はなく、ステア、ニトロ(画面上スワイプ)、ドリフト(ステア寸前に画面下スワイプ)の3つの要素で車を走らせます
ただ、このせいでゲーム進行の難易度が若干高くなっています…詳しくは後述




















レースのスタート前にはアクセルタップで回線数を合わせてスタートを成功させる、という物があります
緑のところで回転数を合わせればどこでもいいのでパーフェクトスタートは楽勝です
ただ自分の持ってる車ではまだ確認できませんが、緑の範囲が極端に狭い車もあるようです

コースが基本的に広いのとスピード感があまりない事も相まってMW2012よりも操作は簡単です
ただ、ドリフト発動させてから終わらせるまでの挙動が若干不安定で難しいものがあります

今作もMW2012のラピッドレスポンスと同じように接触でペナルティタイムを加算される「デリバリー」というイベントモードがありますが、タイム設定が緩い上に操作が簡単なおかげでイライラさせられるような事はまずありません


グラフィック




















自分はiPad Airでプレイしていますが、携帯端末用とは思えないほどグラが綺麗です(
下手したらPS2のレベルすら超えてるんじゃないでしょうか…

ただクアッドコア、オクタコアCPUを積んでないとクラッシュしてしまうようです
フォロワーさん情報によるとiPhone(古い奴?)でもコマ送りでマトモにプレイできないとか
ちなみにiPadでも時々レース中にカクつきますw


ゲームシステム

アプリ本体が無料な分、課金アイテムでたっぷり搾り取る気マンマンです(笑)




















ゲーム内で物を購入するときの通貨は3つあります

・スタイルポイント(王冠マーク)
レース中の走り方(ドリフトや一般車とのニアミス等)で加算されたり、レース後に引けるカードで貰えることも、ビジュアルパーツ購入に使用

・キャッシュ($マーク)
レース後に必ず貰うことができ、レース後のカードで追加のキャッシュがもらえることもある、ブラックマーケット(カードガチャ)を引く際やパフォーマンスパーツの合成時に使用

・ゴールド(金塊マーク)
いわゆる課金ポイントで、ブラックマーケットのレアガチャ(しかもキャッシュで引けるのは4連、ゴールドで引けるのは7連)を引く際や車のアンロック解除に使用、ドライバーレベルが上がる毎に1個貰え、ドライバーレベルの10上がると2個貰える模様




















車は「デザイン(設計図)」をレース後のカードやボス戦勝利の報酬、ガチャで引くことでアンロックされ、キャッシュも何も使わずに所有することが出来ます
ただ、車を所有した後もパフォーマンス値の上限を解除する為にデザインを集めなければならないのが非常に面倒です

しかも操作方法があんななのでレースの勝敗がほぼ車の性能で決まってしまいます…
中盤からのボスはかなりパフォーマンス値が高いので、数値の上限を解除しないと確実に詰みます

そしてそれぞれのクラスで一番速い車のデザインは課金ガチャを引かないとまず出ないようです
車のアンロックの為だけにゴールドを使うことも出来ない上、ガチャ1回分もアホみたいに高いので、無課金勢は低レベルのうちはゴールドの使い道が全くありませんww




















シナリオは各マシンクラスのブロックのボスを最後まで倒していくという仕組みになっています
イベントは「ラッシュアワー(普通のレース)」「タイムトライアル」「デリバリー」の3種類があり、前2つにはレース勝利後にカードを引けるイベントも存在します

ソシャゲにありがちな体力システム(ここではガソリン)もあり、イベントに参加したりリスタートする度にガソリンを消費します(ただしボス戦はその倍の消費)

ガソリンの容量はレベルアップしても増えないので、一気にイベントを進めたいときは少々不便です
まぁスコア稼いで他人とランキング稼ぐようなイベントがある訳でもないんで良いんですが…

ちなみに一部のレースでは警察が出てくるものもあります
敵よりも速い上に自分だけにガンガン当ててくるので非常にウザいです…
一応テイクダウン要素はあるみたいですが、相手の大破基準はよくわかんないですね


カスタマイズ




















ビジュアルカスタマイズではボディキット、ホイール、スポイラー、ミラー、ボンネット、マフラー、ルーフスクープ、ライトを交換したり、ボディとホイールとウィンドウ、キャリパーの色を変えることが出来ます

今作の見どころは何といってもロケットバニー等実在メーカーのボディキットが登場することです!
常々SPEEDHUNTER監修でドレスアップを充実させてほしいと思っていたので嬉しいですね
次のNFS本道でも実在メーカーのエアロは収録されるそうなので楽しみですww




















パフォーマンスはレース報酬やガチャで手に入れたカードを使って性能を上げる仕組みです
ただ、車ごとに段階は違うもののパフォーマンス上限があり、デザインを手に入れて解除しないと上限を超えた分の数値は反映されない、という事になってしまいます(加えて上限解除で素の性能も向上)

パフォーマンスパーツはマシンクラスが一緒なら共用で、1つパーツを付ければ所有しているどの同クラスの車もパフォーマンスが向上します

パーツにはランクがあり、より上のパーツを付ける際にはカードを交換します
このカードは使い捨てではなく…




















このようにキャッシュを消費してパーツを合成することで、より性能を向上させることが出来ます

カードが無駄にならないんでこのソシャゲ的システムはありがたいですね
NFSWもこのシステムだったら良かったのになぁ…


ストーリー




















一応あるにはあるんですが…
オランダ語なので分かりません!!
NFSのWikiaにだいたい序盤のストーリーはまとめられているので、気になる方はどうぞ

まぁ理解しなくてもゲーム進行には影響ないので所詮携帯レースゲーのシナリオってとこでしょうか
EAJのツイートによると日本でリリースする気はあるみたいなんでいずれ分かるでしょうけど…


とまぁこんな感じです
露骨な課金厨有利システム以外はまぁまぁいいゲームなんじゃないかと思います
まだオランダ限定ベータらしいので今後の発展に期待するとしましょう

そのうちこのゲームのWikiでも作ろうと思うんで誰か共同編集やってください(

ではではっ

2015/05/23

iOS版 Need For Speed:No Limits 日本からのDL方法






















どうもべろしちです
昨日発表されたNFS新作トレイラーが良さげなのでめっちゃ期待してます

そんなタイミングでついに手に入れました、iOS/Android専用ソフト「Need For Speed:No Limits」!

カスタマイズ機能がかなり充実しているらしいのでiPadを手に入れたついでに一度やってみたかったゲームなんですが、何故か現時点ではオランダ等一部の国のStoreにしか売られておらず、日本人はおろかアメリカ人ですらなかなか手に入れられないとかいう面倒な事態になってるんですよね


通常iOSのSafariでこのアプリを検索してApp Storeのリンクにたどり着くと、日本のStoreでは取り扱っていないのでドイツのStoreに飛ばされるんですが、この時ドイツのStoreアカウントを新規に作ろうとするとクレカ情報を要求されるので、ドイツで使えるクレカやiTunesカードを持っていないとアカウントを作ることが出来ません(ちなみにオランダも同じ)

がしかし、意外と簡単な方法で手に入れられることが判明しました

やり方は以下の通りです


1.App Storeを開き、「おすすめ」画面一番下の自分のApple IDが書いてあるとこをタップ
2.「Apple IDを表示」をタップ
3.「国または地域名」をタップし、「国または地域を変更」で台湾を選択
4.利用規約やらなんやらが出てくるので飛ばす
5.クレカ情報選択の項目で「None」を選択し、住所を英語で入力、郵便番号は台湾のものにしておく






























これで日本からでもNFSNLをDLすることができます
ちなみにこのアプリって無料だったんですね・・・
Real RacingだけじゃなくてNFSまで無料で出しちゃうとかEAはどうしちゃったんでしょうかw

こんな感じでNFSNLが楽しめるので皆さんもぜひやってみてください






















ファーストインプレッションは次の日記で書きたいと思います
ではではっ

2015/05/19

びよーんったーPro&MoonStrikeのクライアント凍結とその対策(via芸) ※2015/8/18修正


どうもべろしちです
ツイ廃にはなかなかキツい事態が起きました

 

Twitterクライアント、びよーんったー(Lite版、Pro版)とMoonStrikeが5/16より突然Twitter運営から規制を食らってしまい、前者はUserStreamに接続することができず、後者はUserStreamに接続してタイムラインを見ることは出来るものの、ツイートを送信するとエラーが起きてしまいます

が、びよーんったーProとMoonStrikeに関しては「via変更」を行うことで通常通り使うことができます

ツイート検索すると、意外にもvia変更の方法が分からない人が多かったのと、以前フォロワーさんから「via変更ってどうやるの?」と聞かれた際に別のブログの記事を紹介したのですが、よく分からないという意見が多かったので、この際ウチのブログでも解説したいと思います

まずはTwitterのアプリ管理ページにアクセスします














「Create New App」という文字が出てくると思うので、そこをクリック
(下の変なviaを気にしてはいけない)


















するとこんな画面が出てきます

「Name」には設定したいvia名を32文字以内で(他人のviaとの被りは不可)
「Description」にはなんか説明を適当に10文字以上で
「Website」にはvia名をクリックした際に飛ぶページのURLを(自分のTwitterプロフとかで良いでしょう)
「Callback URL」はMoonStrikeで認証する場合のみ「http://hoge.hoge/」と入力、びよーんったーProの場合は「Website」で入力したURLと同じものにします

あとは下の利用規約に同意して「Create your Twitter application」をクリック
(Twitterアカウントの電話番号認証が予め必要になったみたいです)
















こうしてオリジナルのviaが作られます







次に、その下のほうにある「Application Settings」の「Accsee level」という項目にある青文字の「modify app permissions」をクリックし、アプリがアクセスできる範囲をMoonStrikeなら「Read and Write」に、びよーんったーProなら「Read,Write and Access direct messages」に変更しておきます
↑MoonStrikeの場合、新規で登録する場合はRead and WriteにしないとBadkeyエラーが出るようになってました(2015/8/18追記)











先ほどのページに戻り、今度は「Keys and Access Tokens」というタブをクリックします













ここで出てくる「Consumer Key」と「Consumer Secret」のキーはTwitterクライアントで認証させる際に使うので、コピペして自分のスマホ宛にメールするなりしましょう(直接入力は面倒なので)



・びよーんったーProの場合




トップ画面の右下メニュー(鉛筆マークの下あたりにある)の「このアプリについて」をタップ、出てきた画面で一番右までフリックすると「ProVertion」という項目が出てきます

下のほうにあるBiyontter Pro Biyoooooon!(以下略)の文字を上にフリックすると、画像右のような感じの画面が出てくるので、ここの「Key」に先ほどの「Consumer Key」、「Sec」に先ほどの「Consumer Secret」のキーをそれぞれ入力します

「Name」はあくまでも管理用なので、正式名称を入力しなくても大丈夫です

そして「Oauth」をタップすると認証画面に飛ばされるので、指示に従って認証し、正常にアカウント選択画面に戻り、タイムラインが表示されてツイートできるようになれば成功です



・MoonStrikeの場合


ツイート入力画面を開いて「上上下下左右左右BA」とツイートし、隠しメニューを開きます
そして「再認証」をタップ


するとキー選択画面が出てくるので、一番下の「+」ボタンをタップ
びよーんったーと同じように「Consumer Key」と「Consumer Secret」のキーをそれぞれ入力し、管理用に「キー名称」を入力(正式名称じゃなくてOK)し、「はい」をタップ


あとは認証画面で認証を行い、キー選択画面に自分のviaが追加されているのを確認しましょう
そしてそのviaを選択してツイートができれば成功です

認証画面のあとにエラーメッセージが出る場合がありますが、その後にvia選択画面に戻ってキーが追加されれば大丈夫です(2015/8/18追記)


少しでも皆さんのお役に立てればうれしいです
ではではっ

2015/05/18

osu!ペンタブ勢になりました

先週の金曜日の授業は遮光カーテンのせいで全部寝過ごしました、べろしちです
いつもに比べて更新間隔が短いのは暇な休日を過ごしているからです(暇じゃないけど)

さて、届いたのはだいぶ前ですが、今回の記事では新しい「オモチャ」を紹介したいと思います

















ついに買いました!念願のペンタブです!!
今回買ったのはワコムのIntutos Pen CTL-480/S1というモデルです

他のブログを見ていると同社のBamboo Pen CTL-470/K0という旧世代の物を使っている人が結構多いようですが、少し前までは6000円ほどで買えたにも関わらず、osu!需要のおかげで品薄になってしまった(?)らしく、今では20000円台になってしまったので、8000円前後と少し高めですが、こちらのCTL-480を購入することにしました

お絵かき用ソフトとかが付いていないので安いらしいんですが、osu!にしか使わないので(ry

















買って数週間ぐらい経ったので、使ってみた感想を軽く…

ペンはちょうどいい感じの長さ、軽さで持ちやすいと思います
ただショートカットボタンがすごく邪魔でプレイ中に気になることがしばしば…設定で無効にしてるから反応はしないんですが、置いて再び手に取る時とか面倒ですね

それを防ぐため(+長時間持って痛くなるの対策)にティッシュとかグルグル巻きにしてました
だんだん慣れてきたんで今は何も巻いてませんけどね(ティッシュ変えるのが面倒だったとも言う)

そしてタブレット面は結構ザラザラしているので、そのまま使うと引っかかり感とそれに伴う音、更にペン芯の摩耗が気になって気になって仕方ないので、上に硬い紙とノートの紙の2枚をセロテープで貼り付けて使ってます

これでだいぶ滑りも良くなってエイムがしやすくなりました
ただペンと直接触れる紙の耐久性に難ありなので、Twitter見てたらたまたま見つけた「iPadの保護フィルムを貼る」という方法も試してみようかなぁと思います

























そしてペンタブ範囲の設定はこんな感じ

全範囲でやってる人が周りには結構多いっぽいですが、自分は手首エイムなので範囲は小さいほうがやりやすかったです
最初は範囲最小でしたが、osu!の設定でマウス感度を上げたときにエイムがプルップルになるのが嫌だったので、少しだけ範囲を下に広げてみたところ、マウス感度を更に上げて付けペン時の動きを良くすることが出来ました!(ちなみに現在の感度は1.88x)

多くのブログではカーソルの動きがおかしくなるから感度は1x以下にしろって書いてあるんですが、範囲最小の時に1x以下にしたら動きがトロくて無理でした…範囲デカくすると1x以下でもやりやすくなるんでしょうか…?


元が超ヘタクソなんであれですが、ジャンプ譜面はとにかく叩きやすくなったような気はしますね
マウス時代に頭打ちになってた☆3~3.5辺りの譜面も少しずつFCが見えてきてます
これから安定してその辺がFC出来るようになっていきたいですね

















あと俺はペン持つときは左手なんで、クリックボタンをテンキーの4と9(たまに8)に割り当てました
マウス右、キー左でずっとやってたので左手での片指連打はそこそこ出来るようになりましたが、右手の片指連打はまだまだ遅いです…測定すると左右10~20BPMぐらい差があるみたいです

フレの方から「両指連打に変えなよー」ってずっと言われてますが、ノーパソのキーがこんなんなので両指連打やるのが超厳しいんです…(´・ω・`)

実は茶軸テンキーをペンタブと同時に注文したんですが、ずっと品切れみたいでなかなか届きません…
まぁ気長に待って両指連打の練習するのはコイツが届いてからにしようと思います(

ではではっ